2019/08/25(Sun)

ジモトロックフェス

@ Kieth Flack(福岡)

既にSOLDOUTや延期・中止になっている場合や、正しい情報が表示されていない場合がございます。
詳細は必ずオフィシャルサイト等を確認してください。

YouTubeの検索結果はあくまでYouTube Data API(v2)を使用した検索結果です。
似ているアーティスト名等でライブとは関係ない動画の場合がありますので、判断は各自で行ってください。


CULTURES!!!
フォローミー

CULTURES!!!のYoutube検索結果

CULTURES!!!のTwitter検索結果

BC3000〜BC2000年頃のカラル遺跡は河谷地帯にあります。ここからはインゲンマメ、サツマイモなどが出土しており、農業に従事していたことは確かですが、大量の魚貝類が出土しているので、海産資源へより依存していたと考えられています。さらに長距離交易があった可能性もあります。
アンデスの編年 アンデスの編年は複雑で、研究者や国によって異なります。日本においては石器(〜BC5000)、古期(〜BC3000)、形成期(〜AD0)、地方発展期(〜AD600)、ワリ期(〜AD1000)、地方王国期(〜AD1400頃)、インカ期(〜AD1532)が使われます。
@Ayame_CultureS 不動では無いので🙋
日曜日なのにまだ布団の中ですか
BC2500年頃に建設が始まったとされるコトシュ遺跡では「交差した手の神殿」が発掘されました。この神殿は土器登場以前の公共建造物と確認されています。
祭祀建造物の巨大化③ クピニスケ文化は盗掘が多いことで知られていますが、建築に関してはほとんど調査されていません。モチェ谷の中流域にクピニスケ文化の代表的祭祀センターのワカ・デ・ロス・レイエス遺跡があります。(続く)
祭祀建造物の巨大化① 土器の登場とともに祭祀建造物の数と規模が拡大しました。海岸地帯では海辺の漁村やセンターは次第に減少し、河谷の中流域に祭祀センターが建設されました。山岳地帯では、ケチュア地帯に巨大な祭祀センターが建設されました。この時期を形成期中期と呼びます。
初期の土器⑤ ブラジル東部のタペリーニャ貝塚ではBC5600年にさかのぼるアメリカ大陸最古の粗製土器が出土しています。当時、マニオクは栽培化されていなかったので、魚貝の煮炊きに使用されたと考えられています。
初期の土器④ 初期の土器は水や食べ物の保存や煮炊きに用いられました。さらに、祭祀建造物とともに土器が出土していることから、儀礼行為に用いられたという推測もあります。
初期の土器③ コトシュ・ワイラヒルカとは別に北部海岸、高地では粗製土器が作られました。様々な遺跡から発見されていますが、特にカハマルカ盆地のワカロマ遺跡はデータが豊富です。
初期の土器② コトシュ宗教伝統の後に別の建造物が建てられ、そこから初めて土器が登場します。これをコトシュ・ワイラヒルカ期と呼びます。赤色の酸化焼成と暗褐色や黒色の還元焼成の土器が焼かれ、器形としては無頸壺、半球鉢、三角鉢が作られました。
BC2500年頃、海岸地帯では祭祀建造物が建設されていました。ワカ・プリエタ遺跡からは墓が発見され、ヒョウタン製容器、織物が発掘されました。海岸では漁労による定住生活と、安定した資源を背景にした祭祀建造物を持つ社会であると考えられています。
中央アンデス地帯に初めて人類が現れたのは、1万2000年前から1万1000年頃といわれています。確実な証拠とされているのは魚尾形尖頭器です。
ぶらり下道ぼっち旅から帰宅 たまには1人でブラブラしないとストレスで魂が爆裂四散してしまう 新しい飯も開拓出来たしいい一日でした https://t.co/zjdXRe7GkB

CULTURES!!!のTwitter検索結果
もっと見る。